読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

華寿過ぎて・・・これからの準備

華寿(60歳)を過ぎ、生活苦、節約、貯蓄など、時々生活の楽しみも書いています。

脳が天気で心はポカポカ

お昼休みにせっせと2012年の卓上カレンダーをコピーして来年の分を作った。

サカモトリョウさんのココちゃんのカレンダーだ。

毎月沢山の絵が描かれていて楽しい。汚すのに忍びなくて書き込みができなかったのだ。それに、何故か毎年手に入らない。ある書店にほんの趣味程度に置かれている。

今年は彼女の商品はまったく見当たらない。

 

こんな事しているから暇人と言われるのだろうか・・。

 

まぁ、しかし、嬉しい。

 

それと・・、去年の年末調整時にマイナンバーの連動プログラムを導入したのだが、去年は使わなかったので、そろそろ動かさなくては・・と触る。

そうしたら・・、パスワードを何処かに無くしてしまった。入れない。

ここ数日、さてどうしようと思っていたのだが、机の奥からメモが出てきました。

そうしたら、マイナンバーのファイルにもしっかり赤ペンで書いてあった。

まったくなんて事でしょう。

まぁ、何でも解決すればそれでOK。悩まないのが取り柄です。

 

昨日は労基に社員の労災補償の申請に行った。

窓口に出てきた職員の方は若くてイケメン、優しかった。

窓口で再計算をして受付してくれました。

気分はホコホコ。優しさは世界を救う。なんて脳天気に帰ってくる。

給与も何とか入れられた。支払いもできた。

さて、12月は賞与の時期だ。頑張れ資金繰り。

2012年のカレンダーを使う

今日はお給料日で、寒くなって布団から出るのが嫌と思いつつ、今日休めば「もう出社に及ばず」と言われるなぁと思いつつ車に乗る。

歯の痛みと、あれこれ忙しかったこともあり、何もかもが中途半端なやりかけで終わっている。やはり、人生にはちょっと暇が必要だと思う。

会社でいつも横に来る人がいるのだが、本人曰く「ほかの場所ではタバコの臭いがして嫌だ」という。まぁ、別に良いのだが、ちょっと変な人。会社から出ていくのも遅く、イライラする。帰社も早く、横で携帯でゲームとかしている。カッコだけでも一生懸命仕事していますという雰囲気を出してくれないかと思う。私の訳の分からない拘りを持ち、時々逆切れ(と私には思える)をする。横に座らないでちょうだいというのも大人げないので、話しかけられれば喋る。昨日はあるブログに僕の事が載っているので見てちょうだいとのこと。月末前だし、それなりに忙しく、またそれほど興味もなかったのかすっかり忘れていた。

夕方帰ってきて「見た??」との質問に「忘れた・・」というと、「忙しいわけじゃないでしょ。どうせ何か買おうかとCP見ていたんだろう・・」と言われる。う~ん、素晴らしくショック。皆そう思っているのかな。確かに他の人達に比べると仕事していないけれどね。この人に言われるようじゃお終いだ。

まいない節 (PHP文芸文庫)

 

この本、厚い。

敵を自白させるためにする拷問の描写が生々しい。

何故か年取ってくると、体に実感として響いてくるところが有り、あまりな表現は苦しい。この月末に及んでさらに本を買ってしまった。それも「バフェット、伝説の投資教室」。私、投資する気かしら?

2017年の曜日は2012年と同じ。

なので、絵柄が可愛くて捨てられなかった2012年のカレンダーをコピーして使うことにした。イジマシイと言うか・・。しかし、このカレンダー、欲しい時には無いのだ。書店で来年の手帳を見ると、どれも結構なお値段である。100円ショップで買って来ようと思っていたが、お手製コピー手帳を作ることにした。久しぶりに見直すと可愛い(という年ではないが・・)

もうすぐ来年。

年を取ると収入が減り支出は増える??

1ヶ月近く虫歯を抱え、鎮痛剤を切れ目なく飲むので、それに疲れ切ってしまった。

さすがに抜歯となり、痛みは無くなったものの、今度はその横の歯が頼りない。

1本の歯が抜けると連鎖反応の様にあちこちがガタガタとしてくる。

これに振り回されて、顔を洗ってもクリームを塗るのが精いっぱいの生活だった。

久しぶりに鏡を見るとハッキリと顔が曲がっている。右でだけ噛んでいたのだ癖になっている。

最近ではコンビニの女の子も爪を伸ばして綺麗にマニュキアをしている。

思い起こせば、大学時代は多少マニュキアもしたけれど、今ではハンドクリームでも塗るのが精一杯だ。白い歯、シミの無い肌、どれも手間とお金がかかっていると溜息が出る。国会では年金を減らす法案が通過しそうだ。今は物価マイナス1%となっているけれど、今度は物価は上がっても給与所得が上がらなければ年金は上げない法案だという。識者は概ね、どこかで年金支給を歯止めしなくてはいけないので仕方が無いという意見であるが、そのうち竹中平蔵さんのように年金は保険なんだから、本当に困った人にだけ支給するなんて言い出しそうだ。生活保護とはどう区別するんだ?どっちも貰えなくて終わるのか・・。毎月取られる社会保険料は、税金だと思えば良いのだろうが、もう目の前に年金支給がぶら下がっているので、ついそれを当てにしてしまう。

追い打ちをかけるように、70歳以上の医療費負担を増やすようになるらしい。

介護保険も自己負担が増える見込みである。どうして、頭の良い官僚の人達は大甘の大盤振る舞いをしたんだろうか。グリーンピアなんて、とんでもない施設を全国に山の様に作り、高齢者には月500円でデイサービスの行き放題なんて時代もあったのだ。今あるお金は今使う。なんて、まるで経済能力の無い私のようじゃないか。

田舎では高齢になれば足がない。車に乗れなくなれば、即病院への通院に困ってしまう。往復タクシーなんて無理だし、もちろん歩いて通うことなどできない。

80歳の私はどうやって暮らしているんだろう。

どう考えても、お金がかかることばかりの気がする。

厄除けの桜石

たまたま偶然にネパールに関係する人を知っている。

まだカーストが残っていて、大学を卒業しても職を確保するのが難しい。

大学進学、留学、就職、すべてコネが必要だという。

嫌だ嫌だと言いつつも職が有り、食べるものにも困らない今の生活に感謝しなくてはいけないのか。

 

桜石を買う。2cm角のケースに18個入っている。本当に6角形の花びらの形をしている。不思議だなぁ。厄除けにもなるという。この石を鬼に投げたという伝説も有るらしい。本当に小さな可愛い石だ。机に出して眺めている。

モメモメも歯痛も全部飛んでいくと良いんだけれど・・

梅石というのとか、菊石というのとかもある。

そういえば、鯛が跳ねている形の白く浮き出た石も有った。

怒っています

結構真面目に怒っています。

実は私、結構怒りやすい人間だったのですね。今更ながらに実感です。

事は3日前、会社ではある点検業務を請け負っていて、年配の男性もいるのですが、ある顧客から「お金を払わない!」と怒って電話が入ってきました。何故か回りまわった電話は私に来ましたが、事情はまったくわからない。顧客の弾丸の様な話をすみませんと言いながら聞くだけ。曰く、帰りがけにバケツを蹴飛ばしていった。あなたの会社と私は本当に気が合わない。いつも来ているおじさんは家には寄こさないでちょうだい。請求書を見ると高すぎる。私は払わない云々・・・。申し訳ありませんでした、確かめてご連絡しますというと、私は出かける事が多いから私の方から明日の午前中に電話をします。とのご返事。

で、会社の皆さんが帰ってきてから聞いてみると、今そのお宅に伺っている人(Aさん)曰く「煩いんで気を付けて仕事をしている。何もした覚えは無い」声を掛けても返事もしないで、家の中からカーテンを少し開けて見張っている様で、とても仕事をしにくい。とのこと。事務所の女性に聞くと、5年以上前に前任の作業者がバケツにつまずいたことがあり、その時、人の家のバケツを蹴ったと怒って電話がかかってきたという。え~5年前の話かい。それも全然別人の・・。だいたい、別になにも変な事もしていないのに「あのおじさんは寄こさないでちょうだい」は無いだろう。自分がどれほどのものだと思っているんだ。ホストクラブじゃあるまいし。せいぜいが1000円を切る程度の仕事だ。あんたが嫌だという以上に、会社ではあの家に仕事に行くのは嫌だと言っている。いろいろ言うなら氏名料でも払ってから言ってこい。と罵詈雑言はとどまるところを知らない。「お客様とは喧嘩をするな」ときつく言われているにも関わらず、怒りは止まらず電話を待っていたが連絡は来なかった。

Aさんは60歳後半だけれど、派手さも才走った所も無いけれど、真面目に一生懸命仕事をしている。それはもちろん人間だからミスをすることもあるだろうけれど、故有る𠮟責には頭を低くして詫びるしかない。そして、同じ釜の飯を食う同僚(私)も一緒に謝るしかない。しかし、何の理由も無く、あの人は嫌いだと拒否されるのは不本意だ。

それも、別に濃い付き合いの相手ではない。1年か2年に1度、せいぜい15分程度の仕事に行く相手である。払ってもらう料金も1000円前後。例えば、私は凄く相手が好きで言い寄るのだけれど、相性が悪いからダメなのよと断られるならいざ知らず、そんなわけの解らないバ・バ・ババァにうち(会社)の大切な従業員があれこれ言われて黙っていられるか。と私の脳内は活火山である。

 

そんな私を尻目に、事務の女性陣は「もう認知症なんじゃないですか・・」と至って冷静。

 

仕事、仕事、仕事・・仕事ができない~

馬鹿言ってんじゃない!と怒られそうだ(誰に??)

歯が痛い・・、歯医者の予約は月曜日なので、それまでは鎮痛剤を飲みながら我慢するしかない。会社は冬に向けてピリピリしている。雪が降ると会社の仕事はジ・エンドなので雪との競争だ。山は随分と白くなってきた。早く雪が降ると仕事が出来なく、それは覿面に資金繰りに連動する。キリキリキリと胃が痛くなる。

それなのに、あ~それなのに自分の仕事は一向に捗らない。

どうしたものやら・・・。

 

世の中変人ばっかり

いつも一斤100円チョイの食パンを買うのだが、結構食べきれず半月ほど冷蔵庫に置かれてしまう。流石に美味しくない。しかし会社の冷蔵庫に何かを入れておかないと、お弁当をわざわざ持っていくのは面倒だし、昼に出るのも面倒だという時のために厚切り2枚128円というのを買った。私にしてはべらぼうに高い食パンだ。その割にまた1週間も会社の冷蔵庫に放っておかれ、いかにいっても不味くなると思い、やっと昼ご飯に登場となった。結果はとても美味しかった。ビックリである。

しばらく前から歯が微妙に痛い。朝になると痛みは無くなるのでまぁ良いかと思うのだが、夕方になると痛みだす。鎮痛剤と睡眠薬を飲んで眠る日が続き、流石にこれではダメだろうと昨日は歯医者に行く。真横に生えている親知らずが横の歯を押して虫歯になっているという。痛み止めの処置をしてもらい、昨夜は良かったが今日は痛い・・。

鎮痛剤も持ってこなかったので・・ちょっと辛いなぁ。耳の奥まで痛くなってきた。

それにも増して、Lちゃんの事が気がかりだ。

たった後10年。無事に生きてくれれば良いのに・・。

Lちゃんについては、好きにすれば良いわと見放しきれないジレンマ。

それと、彼に振り回される母親の嘆き。それを思うとウロウロとうろたえてしまう。

体が二重になって、奥で泣きぬれている自分がいる。

まぁ、Lちゃんが自分の事しか目に入らないのは若いという事だろう。

月島慕情

 

昨夜の読み語りは「月島慕情」浅田次郎続きです。

1編目で眠ってしまい、最後の「シューシャインボーイ」の終わり頃、目が覚めました。

会社に来る銀行のお兄ちゃんは、私が従業員の定積みを預かるのが遅れたので、証書を1人分よけて置いたら、自分が忘れたと思って勝手に入金してしまった。どうするんだい?出金するのに・・。他人の印鑑が必要じゃないか。まぁ、煩い人ではないので、私が立替えようと言って、後日回収して終わった。今日は仕入れ先からの請求書を忘れて支払いが遅れてしまったので慌てて支払いをすると・・。入金が遅れていたので客先に直接請求書を送って入金していただいてます。という電話。請求書を送る方も送る方だが支払う方も支払う方だとブツブツ。勿論私が悪いんですけれど・・・。

気が利くのか変なのか・・

変な人は多いよね。多分自分も誰かにそう言われているだろう。